桃組家族のアートブース

by momogumi5255

俺の不思議な体験 その4

1~4話

★まだ掲載していなかった一章から最終章まで、続けてご覧ください。

野沢の隠された歴史
作/山本 滉





 俺は『下馬史』の4ぺージ〜8ぺージ迄をじっくりと読んで見た。ここも初めて読むが、この野沢の町が実はかなり奥深いことを知ったのです。平安後期から鎌倉時代、南北、室町時代、そして、喜多見世田谷から野沢、北条、徳川旗本などなど意外な事がこの4ぺージ間に書かれている。歴史の知識にもなるようでここを読んでから先程の三つ目の事件と連想して色々と思い浮かんだのです。
それから、数日して高橋さんより電話が有りました。
「あなたが、私の変わりに例の事件の事を、Tさんに聞いてきて欲しい。」
とおっしゃるのですが、
「自分のような若僧に教えてくれるはず無いですよ。」
と丁重にお断りしました。そりゃあ俺は人一倍好奇心が強いから聞きたいのはやまやまでしたが・・・。

それからいよいよ10日後日曜日にイベントは開催され、大反響で高橋さんも勿論来てくれたました。当然この方無しでは今回の事は語れない。満足してくれ良くここまでまとめあげましたね、とまで誉めてくれましたが、その顔の中にはやはり、取りこぼしてる物があるというのも、感じとれました。大成功で終わったイベントでした。バンドの演奏も迫力が有り、充実した日で終わる事ができました。
しかし、その1週間後、悲しい知らせが有りました。5名でやったバンドの1人の。。。君が、昨日バイクで上馬の環七の立体の所で事故で亡くなると言う知らせでした。まだ、当時22歳だったと思います。実は俺は彼と最後に会った時、彼の体が透けて見えたんです。とても嫌な予感が的中してしまい、我ながら恐ろしく感じました。ショックでした。お葬式はこちらではやらずに、故郷で荼毘に伏されました。

1冊の本から始まりいろんな事を知る事ができました。最後にこの本を書いた高橋さんの想いというのは、戦争に行き、友を亡くされその人達と苦しみを共にした人達、又、家族、新時代の若者へ、一兵士の歩みを記録に止め、戦争の悲惨さと、平和の尊さを汲み取っていただくのも意味の無いことではないと、締めくくられています。自分もこれが著者のこの本をかいた本当の意図だとの思いでした。尚、4年くらい前に大きな葬儀がありました。田中こうじ と出ていました。これで最後の一つを語れる人はいなくなってしまいましたが、これはこれで、ミステリアスなままの方が良い気がしました。
高橋さんも現在も健全で2月に1度位町で、お見かけします・あの頃と少しも変わらず、笑顔で話しかけてくれます。「終」
d0038533_12504642.jpg


                              
[PR]
by momogumi5255 | 2008-09-09 12:51 | お知らせ